【音源紹介】 The Forbidden Tracks / Forbidden Society

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-41-43

forbidden-society-the-forbidden-tracks-cover

チェコのドラムンベース系DJ、Forbidden Societyの2001年から2013年までの未発表音源を収録したアルバム。単純にドラムンベースというよりはEBMやハードミニマル、ダークアンビエント的な手法を使って表現されたメタル・ミュージックといった趣で、ヘヴィーでハードなビートを全面に押し出した曲の聴き味はテクノだがほとんどメタルのそれに近い。アルバム後半にはダーク・アンビエントな曲が並ぶが、この並びで聴いているとBurzumなどのブラックメタルを聴かされているような気分になって面白い。Alec EmpireのATRやDHRのグループに近いものを感じる瞬間もあるが、安易なサンプリングに頼らない楽曲構成にシャープな魅力を感じる。ラップをフィーチャーした曲はノイジーなRoni Sizeといった程度であまり面白くなく、ドラムンベースという括りで聴いてしまうと少し退屈な音楽かもしれない。23曲136分のボリュームのある音源で聴く人を選ぶが、メタル、テクノどちらのリスナーにもオススメできる内容。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-41-43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です