The Fall 5/27 Bearded Theory Spring Gathering, Catton Park, South Derbyshire | 5/28 Transformer Festival, Victoria Warehouse, Manchester

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
5/27
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

17499427_1390232967722995_8300535844333378823_n
16830917_1353746818038277_4293212958988458529_n

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
セットリスト: TBD

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
27、28日は両日ともそれぞれ別のフェスへの出演。27日のBearded Theory Spring GatheringはめずらしくFall Onlineの人が誰も行ってないらしくHPをみても「anyone go?」と書かれているだけ。注目すべきは上のラインナップ紹介に使われていた画像で、下の画像から見事にElena嬢が切り貼りされていることがわかります。「脱退」なのか、「ライブ活動は休止」なのか不透明な状態が続いているElena嬢ですが、ライブ活動休止にしているつもりなのは本人だけで、もうバンドとしてはElena嬢なしで、ということになっているのかもしれません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
image2

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
※Facebookにいくつか画像があったので引用しておきます。(Mick Allpress氏撮影の写真を引用)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
18699927_10155338994777556_2482008751173131042_n
18700095_10155338995492556_7155340041711607250_n
18740174_10155338995587556_7331079360894534533_n

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

5/28

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

907070_4_transformer-events-swans-the-fall-more_eflyer
2017-05-28_setlist

18738645_10207155558127332_6433943306906778972_o 18768497_10207155558207334_858516945646547229_o
(Darrell Taylor氏撮影の写真を引用)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
セットリスト:TBD
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
5/28はマンチェスターのTransformer FestivalLouder Than Warにレビューがあります。Pete氏がシルクのハットを被り、Keiron氏がレスラーマスクを被るという場面があったようです。※なお前日も同じようなノリがあった模様(謎)。ハゲに帽子は絶対イジりだと思うので、MES氏もしかしたらこのラインナップに飽きてきてるのかも・・?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

18814039_10155338995597556_904380602523315027_n 18699893_10155338995697556_427146242475826339_n
(Mick Allpress氏撮影の写真を引用)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
新キーボーディスト氏も順調に馴染んできているようです。

The Fall 5/23 Belgrave Music Hall, Leeds

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
DAi0NVPXYAEWhxW
(twitter: @radio_bellers氏の画像)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
セットリスト:Wolf Kidult Man / Brillo / Over! Over! / Dedication Not Medication / New Facts / First One Today / Second House Now / Pledge / Fol de Rol / Snazzy / 9 Out of 10 / Autochip 2014-2016 // Fall Sound
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
2月の23,24日、及び3月31日に予定されていたライブが全てMES氏の”重篤なインフルエンザ”によって延期されていたので実に3ヶ月半ぶりのライブ。その間にドラマーのKeiron Melling氏が駅に暴漢二人組に襲われるなど、悪いこと続きのThe Fallでした(その後二人組は無事逮捕)。
23日のライブはその2月24日に予定されていたライブで、会場は同じくリーズのBelgrave Music Hall。企画は同地のイベンターSUPER Friendz。カマシ・ワシントン呼んだり今度は同会場でBADBADNOTGOODとかが出るイベントもやるようです。奇しくもこの日はThe Fallがバンドとして40年前に初めてライブをやった日でもありました。

23日のライブは下の動画をみると4人でも演奏していたようですが、上の写真右端にはしっかりとメンバー?とおぼしき新キーボーディストの姿が。またギターのPete氏が出家したのか頭を丸めています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

The Fallのチャート・アクションまとめ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-14-06-32
The Fallのシングル、アルバムのチャート・アクションをまとめたものです。
※Peel Session EPやKimble EPなどの編集盤的シングル、Fall SoundなどDL限定のシングルは省いています。
※チャートアクションが書かれていない「なし」となっているものはすべてUK、UK Indie、NZ(ニュージーランド)、USでTOP100〜200圏外か、情報を見つけられなかったものです。
※複数のサイトで記載されている順位が違っている場合は順位の高い方を記載しています。

※参照サイト: Indie Hits “F” (Internet Archive)、Chart Log UKOfficial Charts.comcharts.org.nz

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-14-06-32

Single / EP

  1. Bingo-Master’s Break-Out! EP (1977年) なし
  2. It’s the New Thing (1978年) なし
  3. Rowche Rumble (1979年) UK Indie: 31
  4. Fiery Jack EP (1980) UK Indie: 4
  5. How I Wrote ‘Elastic Man (1980年) UK Indie: 2
  6. Totally Wired (1980年) UK Indie: 2/NZ: 25
  7. Lie Dream of a Casino Soul (1981年) UK Indie: 5/NZ: 17
  8. Look, Know (1982年) UK Indie: 4
  9. Marquis Cha-Cha (1982年) なし
  10. The Man Whose Head Expanded (1983年) UK Indie: 3/NZ: 35
  11. Kicker Conspiracy” (1983年) UK Indie: 5
  12. Oh! Brother (1984年) UK: 93
  13. c.r.e.e.p. (1984年) UK: 91
  14. Call for Escape Route EP (Draygo’s Guilt) (1985年) UK: 99
  15. Couldn’t Get Ahead / Rollin’ Dany (1985年) UK: 90
  16. Cruiser’s Creek (1985年) UK: 96
  17. Living Too Late (1986年) UK: 97
  18. Mr Pharmacist (1986年) UK: 75
  19. Hey! Luciani (1986年) UK: 59
  20. There’s a Ghost in My House (1987年) UK: 30
  21. Hit the North (1987年) UK: 57
  22. Victoria (1988年) UK: 35
  23. Jerusalem / Big New Prinz (1988年) UK: 59
  24. Cab It Up! (1989年) UK: 81
  25. Telephone Thing (1990年) UK: 58
  26. Popcorn Double Feature (1990年) UK: 84
  27. White Lightning / The Dredger EP (1990年) UK: 56
  28. High Tension Line (1990年) UK: 97
  29. Free Range (1992年) UK: 40
  30. Ed’s Babe  (1992年) なし
  31. Why Are People Grudgeful? (1993年) UK: 43
  32. Behind the Counter (1993年) UK: 75
  33. 15 Ways (1994年) UK: 65
  34. The Chiselers (1996年) UK: 60
  35. Masquerade (1998年) UK: 69
  36. Touch Sensitive (1999年) UK: 90
  37. F-‘oldin’ Money (1999年) UK: 93
  38. Rude (All the Time) (2001年) なし
  39. The Fall vs 2003 EP (2003年) UK: 64
  40. (We Wish You) A Protein Christmas EP (2003年) UK: 48
  41. Theme from Sparta F.C. #2 (2004年) UK: 66
  42. I Can Hear The Glass Grow (2005年) UK: 104
  43. Higgle-Dy Piggle-Dy coupled with Alec Empire/Gary Burger “Monk Time (2006年)  なし
  44. Reformation! (2007年) なし
  45. Slippy Floor (2009年) なし
  46. Bury! (2010年) なし
  47. Laptop Dog (2011年) なし
  48. Night Of The Humerons (2012年) なし
  49. The Remainderer EP (2013年) なし
  50. Sir William Wray (2013年) なし
  51. Wise Ol’ Man (2016年) なし

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-14-06-32

Album

  1.  Live at the Witch Trials (1979年) なし
  2. Dragnet (1979年) なし
  3. Grotesque (After the Gramme) (1980年) UK Indie: 1/NZ: 38
  4. Slates (1981年) UK Indie: 3
  5. Hex Enduction Hour (1982年) UK: 71/UK Indie: 2/NZ: 11
  6. Room to Live (Undilutable Slang Truth!) (1982年) UK Indie: 4
  7. Perverted by Language (1983年) UK Indie: 1
  8. The Wonderful and Frightening World of The Fall (1984年) UK: 62
  9. This Nation’s Saving Grace (1985年) UK: 54
  10. Bend Sinister (1986年) UK: 36
  11. The Frenz Experiment (1988年) UK: 19
  12. I Am Kurious, Oranj (1988年) UK: 54
  13. Extricate (1990年) UK: 31
  14. Shift-Work (1991年) UK: 17
  15. Code: Selfish (1992年) UK: 21
  16. The Infotainment Scan (1993年) UK: 9
  17. Middle Class Revolt (1994年) UK: 48
  18. Cerebral Caustic (1995年) UK: 67
  19. The Light User Syndrome (1996年) UK: 54
  20. Levitate (1997年) UK: 117
  21. The Marshall Suite (1999年) UK: 84
  22. The Unutterable (2000年) UK: 136
  23. Are You Are Missing Winner (2001年) なし
  24. The Real New Fall LP (Formerly Country on the Click) (2003年) UK: 156
  25. Fall Heads Roll (2005年) なし
  26. Reformation! Post-TLC (2007年) UK: 78
  27. Imperial Wax Solvent (2008年) UK: 35
  28. Your Future Our Clutter (2010年) UK: 38/US: 31Billboard参照
  29. Ersatz GB (2011年) UK: 88
  30. Re-Mit (2013年) UK: 40
  31. Sub-Lingual Tablet (2015年) UK: 58

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-14-06-32

The Fall 2/1 The Assembly, Leamington Spa

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

15095547_1167487159954179_5109886182344088426_n-600x600
2017-02-01_setlist

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
セットリスト:Wolf Kidult Man / Cowboy George / Zaptrack / Reece Stick / Dedication Not Medication / Fall Sound / First One Today / 2nd House Now / 9 Out of 10 / Auto Chip 2014-2016 / Brillo // Fol de Rol
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
1日のライブは4人編成、forumにファンの方による録音がアップされています。近頃MES氏は髪を伸ばしっぱなしにしている模様。Bo Ningenの方のtwitterによるとこの日のMES氏はご機嫌だったとか。

The Fall 1/29 Concorde 2, Brighton

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

15272195_570531843138496_1509721957913340848_o

2017-01-29_setlist

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
セットリスト:TBD
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
29日はブライトンのConcorde 2でのライブ。サポートは27日同様Bo Ningen。Forumによるとこの日もドラマーは2人体制、観に行った方による”The geezer from The Australian Pink Floyd.”という書き込みがあったので、2人目のドラマーはPaul Bonney氏でほぼ確定かと思われます。

The Fall 1/28 CLUB.THE.MAMMOTH.ALL-dayer, Kentish Town Forum, London

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

15253467_10157805825560484_7558144682136272166_n

2017-01-28_setlist

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
セットリスト:
Wolf Kidult Man / Cowboy George / Zaptrack / Dedication Not Medication / First One Today / Venice with the Girls / Brillo Filo / Fall Sound / 9 Out of 10 / New Facts / Auto Chip 2014-2016 / Fol de Rol // Mr. Pharmacist / Wise Ol’ Man
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
28日のライブはロンドンのO2 Forum Kentish Town。21日の初ライブと同様CLUB.THE.MAMMOTH.の企画。facebookにいくつかの写真がアップされています。この日のライブはドラマーが2人体制になっており、2人目のドラマーが誰だったかはまだ確認できていませんが、おそらく昨年のライブにも参加したPaul Bonney氏だと思われます。

The Fall 1/27 Engine Rooms, Southampton

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

THE-FALL-SOUTHAMPTON-HEADER

16265450_10211986054633125_1497203101103778167_n_zpssx6piat1

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
セットリスト:
Wolf Kidult Man / Cowboy George / new song / Dedication Not Medication / First One Today / new song / new song / Fall Sound / new song / New Facts Emerge / Auto-chip 2014-2016 / Fol de Rol // Mr. Pharmacist /  Wise Ol’ Man
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
新年2本目のライブはサウサンプトンで、サポートは以前にも一度共演したBo Ningen。facebookなどにいくつか画像がアップされています。セットリストは書き起こしですが、Mr. Pharmacistも演奏されたとのこと。youtubeにいくつか音源もアップされています。

The Fall 1/21 CLUB.THE.MAMMOTH. All-dayer, Arts Club, Liverpool

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

15965491_10158033507670484_4053779395863438911_n

2017-01-21_setlist

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-41-43
セットリスト:
Wolf Kidult Man / Cowboy George / new song / Dedication Not Medication / Fall Sound / new song / new song / First One Today / New Facts Emerge / Fol de Rol // Auto-chip 2014-2016%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

2017年初ライブ。メンバーはMES氏、Pete Greenway、Dave Spurr、Keiron Mellingの4名。新曲がいくつか披露されています。The Fallは遅いスタートとなったようです。forumなどに音源がアップされています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

こちらに写真とレビューあり。

不遇のアルバム: Bend SinisterとLevitate

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
2017年1月現在31枚のオリジナルアルバムをリリースしているThe Fall。
人気のあるアルバムは何度もリイシューされ、その度違うボーナストラックがついたり、リマスターされ未発表音源のディスクをつけたデラックス版で発売されたりするものもあります。The Fallの31枚のアルバムのうち、2002年以前にリリースされた23枚のアルバムは現在そのほとんどがリイシューされ再発されており、それ以降に発売されたアルバムも2008年の『Imperial Wax Solvent』を除きほとんどが容易に入手可能なので、The Fallのオリジナルアルバムを全部集めようと思った場合、その障害はほとんどないと言っていい状況です。

しかしそんなアルバム群の中でも、リリースされて20年近く経つのにいまだにリイシューされていないアルバムが2枚だけあります。
それが『Bend Sinister』(1986)と『Levitate』(1997)です。

『Levitate』はArtful Recordsという今は亡き(?)インディーズレーベルからのリイシューなので、再発が難しいのもわかる気がするのですが、同じレーベルからリリースされた『Marshall Suite』(1999)は2011年にCherry Redから3枚組のボリュームでリイシューされています。『Bend Sinister』にいたっては名門Beggars Banquet在籍期(1984年から88年頃)のちょうど中間の86年にリリースされ、内容もバンドの代表曲の1つ「Mr. Pharmacist」を収録している好内容にもかかわらず、90年と97年にCD盤が再プレス(注 リイシューではない)されただけで、ベガバン時代の他のアルバムが全てリイシューされた中、いまだに手をつけられていません。

けれども両者とも完全に再発の話題がないわけではなく、それぞれ現在に至るまでいくつかのニュースがありました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

tf

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
まずBend Sinisterについてはこれまで何度も「再発の噂」が流れています。
もともとベガバン時代のアルバムについては2010年に『 The Wonderful And Frightening World Of…』のCD4枚組となるオムニバス・エディションと題されたボックス形式の再発に始まり、1枚枚数を減らして3枚組となった次作『This Nation’s Saving Grace』の再発と順調に再発が進んでいました。しかしボックス形式の再発はここでピタリとストップし、以降Forumは様々な噂で持ちきりになります。

「高すぎてあまり売れなかったんじゃないか?」「Bend Sinisterは前2作に比べるといまいちパッとしないから、ベガーズが売り上げの予想に二の足を踏んでいるんじゃないか?」

実はこのアルバムの次作である『The Frenz Experiment』がThe Fall史上もっともチャート的に成功したアルバムの1つと言われており、ベガーズはオムニバス・エディションの再発を順当に3作連続でやって、そのあと『The Frenz Experiment』を『 The Wonderful And Frightening World Of…』のような規模で再発するつもりだったけど、その計画が頓挫してしまったのではないか?などなど。

そしてファンがやきもきして待つ中、2013年に『5 Albums』というベガバン時代のアルバム5枚をワンセットにしたリイシューボックスの発売がアナウンスされたのですが、『Bend Sinister』はなんとそのチョイスから外れてしまいます。ここでファンが公式サイトのコメント欄に『Bend Sinister』の再発について質問を投下。するとベガバン側から以下のような返信が返ってきました
(公式サイトpage not foundにつきforumからのコピペ)。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-41-43

ベガバン「All people on the Fall forum – you’re right, Bend Sinister deserves a separate release and a careful consideration of what speed it should play at. There should be sufficient material for a two disc set. The 5 album set is a way to keep the 3 main albums available on a physical format that sounds better than mp3 and it’s a chance to digitise some of the more obscure tracks. Actually I really enjoyed listening to the ‘Hit The North’ CD – it works better than it should.
Much has been re-mastered from analogue tape. Sadly we only have parts of ‘Kurious Oranj’ on analogue. I tried transferring the (digital) vinyl master but it just didn’t sound as good as the CD due to the extra compression, so the different vinyl mixes have been added to the end while keeping the vinyl sequence.
There is still some final work to be done comparing versions of ‘Wrong Place, Right Time No.2’ and ‘Bad News Girl’ – if they are different they will be included. Also I believe Victoria is the same on single and album. Seminal Live hasn’t been re-mastered, just adjusted to match the other CD’s. I’m hoping for a July release.」
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-41-43

大半が『5 Albums』のアルバムはリイシューされてんのか?という質問に対する回答ですが、ようするに2013年の段階では2枚組でリイシュー出したくて、今それに足るだけの素材を集めてるところ、みたいな回答です。そして何事もなく2014年、順当に雲行きが悪くなってきます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

ベガバン「Some (sort of) answers. With The Fall there’s enough material to make a 2 disc set from Bend Sinister though I don’t know when that will be.」

ベガバン「Thanks a ton for all of your suggestions. We are working on some of them and all will be revealed in the coming months!」

ベガバン「We’re slowly getting back into the swing of things here and, though I can’t be specific yet, there are a lot of protects in the pipeline for 2014 from across all the Beggars’ labels. Big names, small names, blockbusters and obscurities – we’ve got them covered. That’s not to say we wouldn’t welcome suggestions for what you’d like to see released or re-issued, so please comment away!」
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

徐々に頓挫していってるのが伝わる文面ですね。

2015年の段階ではこうなります。(※Forumからキャプチャ)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-41-43

スクリーンショット 2017-01-22 17.12.02

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-41-43
(※PCからだと全然見れなかったのでコピペ)

Inevitably, someone asks after “Bend Sinister” – interesting response:

“We are working on Fall projects now… will announce as soon as we can”

2 points:

1) “projects” – plural
2) no commitment to “BS” being one of them

As Beggars are decent sorts, I wouldn’t expect anything to appear until after the new album but still, something is being cooked up for us.
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

この時点でThe Fallの再発プロジェクトはいくつかやってるけど、その中にBend Sinisterが含まれているという具体的なコメントはありません。
そして更に時が経ち、2017年。Bend Sinister再発の件はどうなったかというと、なんとForumに「ベガバンの再発担当にメールしたら、”今年の後半にはいいニュースを聞かせてあげられるよ!”という返信が来た。」という書き込みが。もしかするといよいよ今年、Bend Sinisterの再発盤を拝めるかもしれません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-14-06-32

R-1272953-1418253908-4247.jpeg

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
次はLevitateについて。
実はこのアルバム、2014年にレコードで再プレスされています。といってもオフィシャルではなく、誰がプレスしたのか全くわからないブート盤です。

僕もebayで手に入れましたが、こんな感じで全然本物との違いがわかりません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

IMG_6977
IMG_6979
IMG_6980
※ちなみにちゃんとした人がやってる風のアートワークは当時のメンバーTommy Crooks氏の仕事

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

たぶんオリジナルを持ってる人やブートに詳しい人が見ればわかるのかもしれませんが、「1997年のレコードがこんな綺麗な状態で残ってるわけないだろ?」というくらいしか素人目には判断できず、また音もオリジナルのCD盤、レコード盤を持ってない人間からするとこんな感じなのかな?という程度。少しブートっぽいというか、奥行きがないようにも聴こえますが、なにぶんレコード再生装置が中1からずっと家にある壊れかけのコンポしかないので、それがこのレコードの本当の音なのかもわからず終いです。「ARTFUL LP9」というカタログナンバーも刻印されていて(そのままコピーしてるならついてて当たり前なのですが)個人的にはもう本物ということにして大切に保管しています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
そんなLevitateは発売時にファン泣かせの2枚組限定盤をリリースしており、これが現在廃盤ということもあってファン泣かせのコレクターズアイテムと化しています。
e-bayを見てみると相場はこんな感じ。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
スクリーンショット 2017-01-22 17.49.47

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
下のはいまでも絶賛発売中のブートLP。55£は日本円で8000円くらい。これも今Brexitのおかげで安く買えるようになっていますが、相場としては80£で出品されていたりもするCDなので、買うのになかなか覚悟がいります。僕はまだ覚悟できていません。この2枚組はThe Fallのオリジナルアルバムでは一番集めにくいCDだと思います。

そんなLevitateのリイシュー情報ですが、もともと人気がないアルバムなので、あまり積極的に問い合わせたりしている方はいないようです。Cherry Redがなんとかしてくれるんじゃないかな、という気もしますが、このCDが売れないご時世にどれだけ需要があるかと言われると、Bend Sinisterよりはるかに厳しい状況に置かれているアルバムだと思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43