GRASAM ANIMAL presents『at the Ruby Room vol.1』@渋谷RUBY ROOM 2018/2/11(日)

2/11、東京でSuper Ganbari Goal Keepersのライブを見てきました。

会場は渋谷のRuby Room

GRASAM ANIMAL主催の『at the Ruby Room vol.1』というイベントです。

出演は

GRASAM ANIMAL

Mississippi Khaki Hair

Super Ganbari Goal Keepers

3バンド。

オープン18:3019:00スタートみたいな感じでした。

Super Ganbari Goal Keepersはいきなりトップバッター。

演奏時間は45分ほどだったと思いますが、音源自体少ないので音源にある曲はだいたい聞けたかなという印象。

僕はアホなので曲名とかをあまり記憶する能力がないのですが、だいたいの聴きたい曲は演奏してくれたという感じで後半はかなり(まだイベント残ってるのに)帰ろうかな・・という思いでいっぱいになりかけていました。

バンドはおそらくギターの方がいなくて3人編成で、ボーカルの方がギターも全部やっていました。

演奏は音源で聴く繊細な感じとは打って変わってかなりダイナミズムに溢れる荒々しい・・けどパンクというわけでもロックというわけでもないような、でも演奏の基本はちゃんとできてる人の演奏、みたいな割合かっしりとした演奏でした。

けれど完全に完璧というわけでもなくきっちりと演奏に酔うみたいな気持ち悪いところはなくていけるところ全力でいくぜ!みたいなオラオラ感があり、ボーカルの線の細さに反比例して何でその歌の内容でこんなに演奏ハーコーなの?と思わないでもないでした。しかしこれで演奏もナヨナヨにあわせてたら本当に何か聴く価値があまりないというか・・・。

「これが俺らや!煮るなり焼くなりしてくれ!!」

みたいな感じが全面に出ていて良いなと思いました。

MCでは童貞なんです僕たちみたいなことをおっしゃっていました。

しかし会場に集まった女性多めの客層には割合優しく受け入れられていたような感じがして、こういうキャラもここで定着しているのかなあと思いました。(どうもここを拠点にライブ活動をしているようなので・・)

そして次はMississippi Khaki Hair

サウンドチェックでいきなりジザメリを歌い出したのであーそっち系か、と一瞬「もういいかな・・」と思いかけましたが、いざライブが始まると今それをやる理由がわからないくらい、でもかっこいいバッキバキのニューウェーブサウンドで地味にこの日一番「何者!?」と思いました。しかも大阪のバンド!いや、大阪と言われると納得な感じもあるのですが心斎橋とかでこの人たちの名前聞いたことない・・。一体普段どこを拠点に活動されているのでしょうか?あとボーカルの人がバイト先にいる人とかなり似ていました。曲はワンパといえばワンパかもしれませんが、きちんとオナニーではなく盛り上げるために作られた曲の連続という感じで、意外と長身のギターの方がとても良い感じのギターを弾かれていて、なんだかバンドメンバー全員趣味同じような感じなんだろうなーと思ってすごく後半楽しく見ることができました。あと大阪の人なのかMCもちゃんとウケていました。友達がグラサンアニマルしかいない的なことを言っていたので本当に大阪ではあまり露出していないバンドなのかもしれません。しかし東京でこんなふうにいい感じでライブできてるなら大阪とかでわざわざライブすることもないのかなと思いました。

最後は主催のグラサンアニマル!!

正直このライブも11日することがなくて何かないかなーと思っていろんなバンドのツイッター眺めてたらたまたまライブすることを発見して、「お、いけるやん!!」と思って行ったので主催のこの人たちのことも10日の夜夜行バスに乗るまで音源も聴いたことがありませんでした。

しかしたまたまApple Musicに音源があって聞いてみたら衝撃!

なんか目新しさとかはないのですが日本の芸大とか大学の音楽サークルに根付いた「日本語ロック」みたいなやつのかっこよさの最新版みたいな感じで、ベースはガレージロックなのですがリズムの感覚がちょっとワチャワチャしていてとてもおもしろいです。そして結構コーラスで曲を盛り立ててくる系なので聴いていて無駄がないというか、隙間ができたらキーボードで変なメロディ弾いて穴を埋めようとするようなバンドの1000倍良いと思いました。あとなんかどことなくブランキーぽさというかああいう「ロック」リスペクトな感じがあってそれもすごくハマりました。とにかく夜行バスの中で4回くらいアルバムを聴いたと思います。

そしてこの人たち主催ということもあってライブは予想通りの大盛り上がり。。。

アンコールもたしか3曲くらい歌っていたのではないでしょうか?

なんだか僕は心が狭いので長髪でありそーな感じの「ロック」を演奏してる人を見ると「はいはい軽サー軽サー」と差別してしまうところがあるのですが、軽サーにも良いバンドはいるなと改めて自分の心の狭さを醜く思いました。サンボマスターのアルバムタイトルを引用すると(聞いたことないけど)「新しき日本語ロックの道と光」という感じがしました。というかあのアルバムもう14年も前のアルバムなんですね。サンボマスターって今何をやってるのでしょうか?全然興味が湧きません。

P.S.後でツイッターを見ると観客にザゼンボーイズの方がいたようです。ザゼンボーイズも今何やってるのか全く謎です。早くまた6本の〜とか歌ってほしいです。

SINKAGURA x RNR TOURS presents 「DEAD NECK(from UK) x ACTIONMEN(from Italy) JAPAN TOUR 2018」@心斎橋新神楽 2018/1/12(金)

3685E6B7-07C1-4855-8235-1D2769BEE823

 

 

行きました。意識してなかったけどめちゃくちゃ久しぶりのライブとなりました・・。

 

出演は

 

DEAD NECK(UK)
ACTIONMEN(Italy)
THE MY BABY IS A HEAD FUCK
LASTEND
withrum
Stupid Orange(群馬)

 

 

の6組。

僕はもう完全にActionmen目当てでした。

 

 

 

この日は19時までバイトがあったので会場についたのは19時半ごろ(鬼の近さ)。

ちょうど群馬のStupid Orangeというバンドが演奏を終えたところ。

「憧れのこのステージに立てて嬉しいです!!」

みたいなことを言っていました。

曲も荒々しい演奏ながら若さ溢れるという感じでバンドという単位で好感が持てました。

 

続いてLASTEND、THE MY BABY IS A HEAD FUCKと大阪勢が続きます。

 

LASTENDはMCでActionmenの方とやりあっていたこととか、MCのおもしろさばかり印象的で曲はあまり覚えていません。

よくないですね・・。記憶力ないのになんでライブレポとか書いているのでしょうか・・。

 

THE MY BABY IS A HEAD FUCKはなんだか非常にオールドスクールなものを感じたバンド。

悪くはないですが良くも悪くも趣味だなあという感じで、所ジョージのガレージを音楽にしたらこんな感じなんだろうなという印象。

記憶が薄いとどんどん辛口になっていってしまって辛いですね。。

ただ曲の完成度はこの日見た日本人バンドで一番だったと思います。甘いメロディのパンクってエバーグリーンな魅力ありますよね。

 

そして満を持して登場したアクションメン!!!!

D85497BE-0802-403E-A693-CEEA23630240

 

EF2952BD-7DBF-4123-A3F1-FE69F0CCFFAC

10FD7536-E54E-48D8-B9BF-FCAB5F195C6E

 

どんな演奏を見せてくれるのだろうとそわそわしながら開始を待ちます。そして演奏がスタート!

すると音源からは(といって何年も前の音源ではあるのですが)

想像がつかないドラムがうなりそれに促されるまま何かジャンルとかそういうものぜんぶ突き抜けてどこかへ行こうとしているようなそんな超絶ハードコアな漢演奏!!

 

正直事前に予習バッチリ決めた音源からの曲がなさすぎて自分が何を見ているのか、

曲として「これやってくれてうれしい!』的な事は一切ありませんでしたが、

ものすごい質量のエネルギーの塊を圧縮してぶつけられたという、まさに圧巻としか言いようがない演奏でした。

ラストはドラムの方が「このドラムあかんな!」的なことを言って唐突に「Last One!」といって燃え尽きるようにあっさり終了。

 

 

お客さんがあまり入ってないこともあり盛り上がりがなぜかそんななかったこともあり、

おそらくいろいろあったのだと思うのですが、まあそんなこんなでアクションメンのライブは体感時間0.5秒くらいで終わりました。

ただ全く聴いた覚えのない音源ばかりだったわりには本場の漢ハードコアを図らずも偶然一身に浴びることができたという嬉しさ、満足度が高く、

そのまま物販で(5000円くらいしか買えませんでしたが)いろいろ買って帰宅。

Dead Neckもちょっと見たのですがなんだかActionmenの感動を反芻しながら一人で道を歩きたい気分だったので帰ってしまいました。

 

心斎橋新神楽は初めて行きましたが結構良いところでした。

DEADLYSINS presents VOMIT REMNANTS -Final Groove Brutality Tour 2017@心斎橋 火影 HOKAGE 2017/4/23(日)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

行きました。出演は

Vomit Remnants
7 H. Target (ロシア)
Ecchymosis (タイ)
Imbrued Blemishment (タイ)
DEADLYSINS
Blunt Force Trauma
World End Man

の7バンド。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

IMG_7888

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

東京大阪それぞれ1公演ずつのVomit Remnantsの解散ファイナルツアーで、21日にはラストアルバム『Hyper Groove Brutality』も発売されました。
会場は心斎橋の火影という、ステージと客席の間がフラットなことで知られているライブハウスで、主催は2012年から大阪で音塊というブルータルデスメタルのイベントを連続して開催しているバンドDEADLY SINS。(ただこのイベントについては今後の開催についての情報がtwitterHP、Facebookなどでバラバラで、もう終わったのか、また次があるのかどうかは不明です。)
僕はまだこのジャンルを聴いて日が浅いので(言い訳)、Vomit Remnantsも聴いたことがなく、どちらかというと帯同して来日する7 H. Targetを観るつもりで行きました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
IMG_7854

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
しかし12時ぐらいにはすでに千日前をぶらぶらしていたものの、30分あれば間に合うか、と思ってふらっと寄ったレコード屋さんで店主さんに丁寧に接客していただき、探していたジャンルのカセットを棚から全部出していろいろ試聴させてもらったり、話を聞かせてもらったりしているうちに時刻はゆうに開場の5時を超えて6時10分前・・(アホ)。試聴させてもらった音源がどれもよくて結局なんだかんだいろいろ買ってしまった結果、物販の為に残していたお金をほぼ失い、持っているのはバンドを聴く気持ちだけ!という素晴らしい状態で火影に向かうことになりました。(このレコード屋さんには今後通います。)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
IMG_7855
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
会場は1組目のバンドが終わってセットチェンジしている最中。前のバンドのメンバーの方とおぼしき人影もなかったので、この後6組目のバンドが始まるまで自分が何を見逃したのかわからない状態が続きました。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
そして入ってすぐに始まったのは主催のDEADLY SINS。いろいろ慌てていてこのバンドだけ写真がないのですが、さすが地元のバンドというだけあってフロアの反応も手堅く、サクッと場を盛り上げていました。3組目はタイから来た若手バンドImbrued Blemishment
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
IMG_7856 IMG_7857
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
まだ音源はデモしか出していないのですが、ライブは本当に圧巻で、DeathのTシャツを来たギターの人(リーダー?)を始め、メンバーが全員楽しそうに手慣れた様子で、しかし異様なまでのオラオラ感で曲を畳みかけてくる感じに激烈にカンドーしました。最後はDEADLYSINSでも起きたモッシュも始まって、なんだかんだでフロアがかなり盛り上がっていたと思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

次は大阪のWORLD END MAN。このライブ前にリリースされた音源の内容がとてもよく、これも見逃してないことがわかってほっとしたバンドだったのですが、にもかかわらず物販に行き、なけなしのお金でとりあえず絶対買っておこうと思ったタイ2バンドの音源を買ったり、椅子に座ってゆっくりビールを飲んでいるうちにぞろぞろと人が降りてきて(火影はライブスペースがB1、バースペースがB2で、物販も全部B2に置いてる、という感じでした)、「あっ・・・」となったという。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
5組目はロシアの7 H. Target。本当にこのバンドを観る為に来たといっても過言ではなかったので、バンドがセットチェンジにぞろぞろ階段を上がっていくのを見たときには見逃していなかったことに心底ホッとしました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
IMG_7869 IMG_7871 IMG_7872

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

7 H. Targetは音源を聴く限りずっと4人くらいの編成だと思っていたので、ボーカルの人がベースをベロベロ弾きながらゲロゲロ歌い始めたときにはロシア人はやっぱり頭がおかしいと本気でカンドーしてしまいました。MCは結構フレンドリーな感じで、1曲ずつどのアルバムのどの曲か紹介して演奏に入っていく感じでした。映画『鉄男』を題材にした新作からの曲をやるときに「日本の映画の・・鉄男って知ってる?」みたいなMCをしたものの観客の反応が絶無に近く、その時は「あ、見てないんだ・・見た方がいいよ!!」みたいなことを言って少し悲しそうな顔をしていました。ライブの後半では謎のタイ人フレンズがゲスト参加。この人はEcchymosisのメンバーでもImbrued Blemishmentのメンバーでもない、物販のBrutal Mindのところに座っていた人で誰なのか最後までわかりませんでした。お金持ちというか正恩的なオーラを終始漂わせている方で、タイのブルデス界の大物なのかもしれません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
6組目はこれもタイ勢のEcchymosisアルバムもリリースしているのですが、事前に聴けたのはImbrued Blemishment同様デモだけで、観るまでどうなのかわからなかったバンド。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

IMG_7878 IMG_7881 IMG_7882
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

しかしこのバンドも圧巻!!トリオ編成なのですが、上の画像左のリーダーとおぼしき、ラーメン屋で店長をしてそうな方の奏でるゴリゴリのベースと、痩せたジャイアンみたいなルックスでヴォエーヴォエーとがなりまくるボーカル、そして音源以上にずっとずっしりと脳の内側に響いてくる異様な高速ドラムがビョーキだけど超パワー系みたいな一番近寄りたくないタイプの世界観を作り出しており、タイのバンドってどうしてこうもみんな(自主規制)なんだろう、と首を傾げずにはおれませんでした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

そしてこの時点で7組中6組のライブが終わり、聴き逃した1組目のバンドがBlunt Force Traumaだったことが判明。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
MM-017-2

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

Blunt Force Traumaもこのアルバムが何気に気になってて、買おう聴こうと思っていたバンドだったのですが、結局ライブすら見れませんでした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

そしていよいよ始まった7組目、トリのVomit Remnants

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
IMG_7885
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

フロアは満員、曲が始まるたびモッシュ、ダイブ、モッシュ、サークルモッシュ、モッシュ、ダイブの連続で、ライブ中1枚も写真を撮ることができませんでした(画像はセットチェンジ時に工事のように組み立てられていくドラム)。安全圏と思えるくらいステージからは距離をとっていたはずなのに、猛烈なモッシュになすすべもなく巻き込まれボロボロになり、ブルデスのライブの頭のおかしさを肌で学びました(内出血)。タイのバンド勢のスタッフっぽい人たち・メンバーも所狭しと暴れまくっており、まるで映画『300』を観ているようでした。そして23時頃2曲のアンコールを終え全てのライブが終了。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43
今回Vomit Remnantsを一切聴いていなかった、7 H. Target目当てだったということもあって、Vomit Remnantsはただただ、「こんなバンドが日本にいたのか!!」という衝撃と、「こんなバンドがこのライブで解散するのか!!」という衝撃に交互にもみ洗いされているうちに終わったという感じで、まともな感想は一切書けません。7 H. Targetも生で観ると思ってたのとは結構違って、なんだかんだでこの日観たライブの中ではタイのバンド、特にImbrued Blemishmentが印象に残りました。メジャーとかアングラとか、そういう構図に甘えず、きちんと自分たちのやりたい音楽が見えていて、国の環境に依るのかもしれませんが、日本初来日の若手バンドがこれくらいなら、タイの他のバンドはどんなにすごいんだろうと夢を見せてくれるようなそんなバンドでした。好みどストレートといえばそれまでなのですが、めちゃくちゃ熱いのに音は漆黒の闇というギャップもとても不思議で、そういう部分もすごく好きになりました。まだブルータルデスメタルを聴いて日が浅い(本文二度目の言い訳)ので、こういうスタイルのブルデスを確立した有名なバンドもあるんでしょうけど(誰かがこれをしらなきゃダメとかしたり顔で言ってそーキモ〜)、とはいえどこか東南アジアのポップスにあるような間延びした雰囲気もあって、本当いい音楽を聴けたなというライブだった気がします。ドラムはEcchymosisが一番印象に残りました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-20-38-43

あとライブのノリの様式として、スラムダンスとかサークルモッシュは「観たことあるやつだ!」とピンときたのですが、ブラストビートに合わせて手を掲げてブルブル震わせるやつとか、観たことないやつもあって、そういう文化もまだまだ勉強しないとダメだなと反省しました。これからしばらくタイのブルデスとかを漁りつつ、そういうのも勉強していこうかと思います。